Web集客の基本「SEO対策」とは?徹底解説します!

「ホームページを持っているのに、全然集客ができていない…」というそこのあなたに朗報です。

SEO対策を適切に行うことで、あなたのホームページ集客力を何倍にも高めることができますよ!

本記事では、「SEO対策とは何か」「SEO対策の真の目的とは何か」という、基本の部分を学んでいきます。

Web集客に欠かせない「SEO対策」とは?

そもそもSEO対策って何?

SEOは、“Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)”の略称です。

SEO対策とは、検索エンジンで上位を獲得するためにホームページを最適化する対策のことを言います。

検索エンジンの順位を決めるのは、「クローラー」と呼ばれるロボットです。

クローラーはホームページの中をぐるぐると巡回し、いくつかのポイントに基づいてそのホームページが優れているかどうかをジャッジします。

クローラーの評価を高めるために、内部・外部の施策を講じること。

訪問者にとって有益なホームページになるように、良質なコンテンツを用意すること。

ロボットと人間の両者にとって、優しいホームページを作ることが、SEO対策の基本です。

SEO対策 = ほぼ、Google対策

SEO対策の話をする時って、いつもGoogleのことばっかり。

そんな風に感じたことはありませんか?

「Google」や「Yahoo!」「Bing」など、挙げれば数多くの検索エンジンがある中で、なぜSEO対策はGoogle検索エンジンに関する情報ばかりなのでしょうか?

その答えは、各検索エンジンの世界シェアにあります。

検索エンジンの世界シェアグラフ 2017年3月~2018年2月

これは、2017年3月~2018年2月の検索エンジンの世界シェアをグラフにしたものです。

何かを検索するときに、Googleを使う人が81.63%ということです。ちなみに、モバイルではこの数字がさらに高くなり、なんと92.58%にも及びます。ほぼ独占状態。

ほとんど使われていない検索エンジンと多くの方が使っている検索エンジンでは、上位を獲得した際の集客効果が全く違います。

これこそが、SEO対策 = ほぼ、Google対策と考えられている理由です。

SEO対策をする、真の目的とは

SEO対策をする目的の一つとして、検索結果の順位をあげて、アクセス数を増加させることが挙げられます。

検索エンジン1位のクリック率は約34%なのに対し、10位は約2.7%。10位から1位に順位を上げることができれば、今の10倍以上の見込み客と接触することができるということです。Webマーケティングを行う上で、この数字は見逃せません。

では、順位をあげてアクセスを稼ぐことだけがSEO対策の全てでしょうか?…答えはNOです。

SEO対策において最も重要なことは、CV(コンバージョン)の増加なのです。

CV(コンバージョン)とは?

CV(コンバージョン)とは、ホームページにおける目標達成アクションのことを指します。

コンバージョン達成の流れ

例えば、ECサイトなら商品の購入、企業サイトなら資料請求やお問い合わせ、セミナーサイトならセミナー申し込みメールマガジン登録などがCVにあたります。

いくらアクセス数が多くても、最終的に商品やサービスの成約に繋がらなければ意味がありません。

CV数が増加して初めて、SEO対策が成功したと言えるのです。

CV数を増加させるためには、CV達成に繋がるホームページの導線を考え、ペルソナに合わせたデザインを設計をする必要があります。

POINT

CV達成に繋がるデザイン・導線の設計

SEO対策でアクセス数を増やす

CV達成数が増加する=集客につながる

この流れが非常に重要となります。

SEO対策の3つの柱「内部対策・外部対策・コンテンツ対策」

SEOには、大きく分けて3種類の対策方法があります。それは「内部対策」と「外部対策」、そして「コンテンツ対策」です。この3つの対策を、バランスよく行うことが重要です。

内部対策

SEO内部対策

SEO内部対策とは、クローラーにホームページ内のコンテンツを適切に伝えるために、ホームページの内部で行う施策のことを指します。

どんなに素晴らしい記事を掲載していても、その記事をクローラーが見つけてくれなければ、検索一覧にすら載ることができません。

そして、クローラーはロボットなので、人間のように感情に基づいてサイトを巡回することができません。

SEO内部対策は、言うなればクローラーに対してロボット語で

私のホームページにはこんなに素晴らしいコンテンツがありますよ!見てください!

と伝えるための施策なのです。

具体策として、ホームページ内のリンク構造を最適化することや、サイトマップを送信することなどが挙げられます。

外部対策

SEO外部対策

SEO外部対策とは、被リンク(外部から自分のホームページへのリンク)を得る施策のことを指します。

外部対策には二つのメリットがあります。

メリットその1:Googleからの評価が高くなる

外部からの被リンクを集めることで、「信頼できるホームページ」であると見なされ、ホームページの評価が上がります。

このとき、リンク元のホームページの質や権威がとても重視されます。

例えば、検索順位が上位のホームページや大学のホームページなど、権威のあるホームページからの被リンクは、非常に高く評価されます。

反対に、被リンク対策のために作られたコンテンツの薄いサイト(いわゆるサテライトサイト)からのリンクは、ホームページの評価を大きく落としてしまうため注意が必要です。これについては、当記事の後半にて詳しくお伝えいたします。

メリットその2:より多くの人に自分のサービスを認知してもらえる

リンクの数が増えれば、その分多くの人にホームページを見てもらうことができます。

結果、自分のサービスをより多くの方に認知してもらうことができます。

そのためにも、「リンクを貼りたい」「SNSでシェアしたい」と思わせる、質の良いコンテンツを用意することが重要です。

コンテンツ対策

SEOコンテンツ対策

コンテンツ対策とは、その名の通りホームページのコンテンツ力を上げる施策です。

近年のSEO対策において、もっとも重要であると考えられているのがこのコンテンツ対策です。

コンテンツ対策の一番の近道とは、訪問者にとって有益な情報を多く掲載することです。具体的な方法として、オウンドメディアの運営も強力なコンテンツ対策になります。

オウンドメディアで脱・売り込み!愛されながら賢く集客

絶対にやってはいけない「ブラックSEO対策」にご注意!

SEO対策には、「ブラックハット」と呼ばれる手法があります。

ブラックハットとは、ホームページの質を上げずに、楽して見せかけのSEO対策をする不正行為です。

以前は絶大な効果があったブラックハットですが、Google側の度重なるアップデートの末、現在ではペナルティの対象となっています。

しかし、いまだに「格安SEO対策」と称してブラックハットを施すSEO対策会社が多く存在しています。

下記に、ブラックハットの代表的な手法をまとめました。

「知らず知らずのうちにブラックハットを行ってしまい、Googleからペナルティを受けた・・・」なんてことにならないよう、下記のポイントは必ず抑えておきましょう。

その1:ホームページにキーワードを羅列する

一昔前、ホームページ内に検索キーワードをひたすら羅列するというブラックハット手法が存在していました。

しかし、Googleのアップデートにより、現在のクローラーは文章の意味を理解して順位を決めています。

そのため、無意味なキーワードの羅列は不正行為とみなされ、ペナルティを受けます。

その2:無意味なサテライトサイトなど、不自然な被リンク

低品質のホームページを大量に作成し、そこからメインホームページへ大量の被リンクを送るという方法があります。

この方法も以前は絶大な効果がありましたが、現在はペナルティの対象です。

SEO対策会社が低価格のSEO対策サービスとして「被リンクを買いませんか?」と勧誘してきても、絶対に購入しないようにしてください

Googleのゲイリー・イリーズ氏は、こうした被リンクの購入に関して以下のように発言しています。

“buying links from sites that sell guest blog posts and the like is the same thing as throwing money out of the window.”

ブログ記事でリンクを売っている業者から被リンクを購入するのは、窓からお金を投げ捨てるのと同じことです。

出典:Google Says Buying Links Is Like Throwing Money Out The Window

訪問者の役に立つコンテンツを作っていれば、被リンクは自然と集まってきます。近道をせず、地道にコンテンツ力をあげていきましょう。

その3:他サイト記事の盗用ばかりでオリジナルの記事がない

Googleウェブスパムチームが「インターネット上の25~30%が重複コンテンツである」と発言しているように、インターネットの特性上、似通った内容のコンテンツが存在してしまうのは仕方がありません。

しかし、ホームページのほとんどがコピーコンテンツの場合や、記事が丸ごと盗用されているといった場合には、ペナルティの対象となる可能性があります。

ペナルティを受けると、どうなるの?

これらの不正行為が発覚した場合、Googleからペナルティを受けてしまいます。

ペナルティを受けると、以下のようなことが起こります。

  • 検索順位が著しく下がる
  • 最悪の場合、検索一覧から完全に除外される
  • 最終的にアクセス数が大幅に減少する

Web集客をする上で、検索一覧に表示されないというのは致命的です

「突然、ホームページのアクセス数が激減した」
「検索一覧に自分のホームページが表示されなくなった」
といった場合には、知らず知らずのうちにブラックハットを行っていないかチェックをし、万が一該当する箇所があればすぐに改善しましょう。

まとめ

この記事では、SEOの基本となる部分をご説明いたしました。

  • SEO対策の真の目的はCVを増やすことである
  • 内部対策・外部対策・コンテンツ対策をバランスよく行う必要がある
  • 危険なブラックハットには絶対に手を出さないようにする

この3つのポイントを忘れずに、集客力のある盤石なサイト運営を目指していきましょう。

\ シェアして下さると嬉しいです♡ /