こんにちは!女性向けホームページ制作事務所 レデュクスデザイン代表の吉岡と申します。

突然ですが、「ホームページを持ちたい!」と決意されたあなた。

おめでとうございます!

あなたがした決意は、あなたが想像しているより遥かに多くの、画面の向こう側にいる、まだ見ぬお客様と巡り会うという決意です。

しかし、ホームページをただやみくもに作って公開しても集客には繋がりません。戦略を立てずにホームページを作ってしまうと、無数に存在するホームページの中に埋れてしまい、見つけてもらえずに終わります。

こうしている間にも、未来のお客様たちはあなたのサービスを心から求めて彷徨っています。

未来のお客様と、あなたがきちんと導き合えるよう、初めてホームページを作る上での7つの大切な準備をお伝えします。

集客力のあるホームページにするための7つの準備

下記の7項目に沿って準備をしていきます。(項目名をクリックすると該当エリアまで移動します!)

  1. 目標を設定する
  2. ペルソナを決める
  3. 競合をチェックする
  4. 誰が作るかを決める
  5. ホームページのコンテンツを決める
  6. お客様の心に響くテキストを作る
  7. アクセスを集める手段を選ぶ

自分でホームページを作る予定の方は、この7項目に沿って準備を進めてください。制作会社にホームページを依頼する予定の方は、準備の段階からプロに相談して、知識を遠慮なく借りてしまうことをおすすめします。

それでは、一つずつ掘り下げて説明していきます。

ここから先は、架空のお店「京都のレンタル着物 椿屋」を例にご説明をしていきます。

1.目標を設定する

まずは目標を設定します。

ホームページの目標とは

ホームページの目標とは、ホームページに訪れたお客様に最終的に行って欲しい行動のことです。これをWebマーケティング用語では、CV(コンバージョン)と言います。

目標の例

  • お問合わせ
  • 資料請求
  • メールマガジン登録
  • 来店の予約
  • 商品の購入…等

目標が違えば、ホームページの構成・デザインも全く違ってきます。

例:京都のレンタル着物 椿屋 の場合
【目標】新規来店の予約(予約フォームの送信)

ホームページを実際に公開した後は、この目標を数字的に具体化します。どれくらい達成されているのかを分析しながら運営することで、ホームページの集客力をどんどん高めることができます。

2.ペルソナを作る

次に、ホームページのペルソナを作りましょう。

ペルソナとは

ペルソナとは、あなたの商品やサービスにとっての理想のお客様像のことです。

似た言葉としてターゲットとというものがありますが、ターゲットとペルソナとは少々異なります。ペルソナは、ターゲットを更に掘り下げたものです。

ホームページ作成のペルソナイメージ

ペルソナを作る理由

ペルソナを作ると、以下のようなメリットがあります。

ペルソナを作るメリット

  • 作る側の主観や思い込みを防ぎ、お客様の求めるものが明確になる
  • ホームページのコンテンツやデザインの方針、具体的なイメージを統一・共有することができる
  • ペルソナに響くホームページを作ることで、その背後にいる大勢のお客様にも響く

ペルソナの作り方

ペルソナを決める際には、実際の情報を元に、性別・年齢・職業・行動パターン・収入・支出など、できる限り細かく設定します。

ポイントは、実際の情報を元に作るということです。想像だけで作ってしまうと、作り手の主観が強くなり、お客様目線ではなくなってしまいます。ホームページは常にお客様目線で作らなければ、集客は成功しません。

すでに商品・サービスを販売した経験がある方は、過去の販売データ、または今までのお客様の中で最も理想的だった方を参考にしてペルソナを作るのが最も良い方法です。

起業準備中の方は、インターネットでリサーチやアンケートを実施するか、ターゲット層の友達・知り合いに意見を聞いて見ましょう。

3.競合をチェックする

次に、競合ホームページをチェックしましょう。

競合とは簡単に言うとライバルのことですが、ここで説明する競合はあなたがGoogleで検索されたいキーワードで、検索順位の上位を獲得しているホームページのことです。

あなたの商品やサービスに関するキーワードで検索して、上位3社に掲載されているホームページを見てみましょう。

例:京都のレンタル着物 椿屋 の場合
「京都 レンタル着物」の検索ワードで出てくるホームページの上位3社をチェック

競合ホームページをチェックする際は、以下のポイントを意識してください。

チェックするポイント

  • どのようなページが用意されているか
  • どのようなお客様をターゲットにしていそうなのか
  • よく使われている単語・キーワード
  • デザインの中で好きなところ・嫌いなところ
  • 自社のホームページに取り入れたいところ

慣れてきたら、他のキーワードでも検索してみましょう。少なくとも2~3社、できれば5~10社のホームページをチェックしてください。

4.誰が作るかを決める

ホームページの方向性が決まったら、誰がホームページを作るか決めましょう。

ホームページを誰が作るかの選択肢は、大きく分けて自分で作る・フリーランスのデザイナーに依頼する・制作事務所に依頼するの3つがあります。

あなたの立場やホームページに求めるものによって、最高の選択肢が変わってきます。ここでは、それぞれの特徴を、分かりやすく表にまとめました。

ホームページ制作の比較表

それぞれのメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう!

自分で作るメリット

  • 費用が安い(無料で作ることも可能)
  • ホームページの知識が身につく
  • 作っている最中に方向転換をするなどの自由が効く

自分で作るデメリット

  • お客様から見たとき、どうしても自作っぽいデザインになってしまう
  • ネットショップや決済機能など、高度な機能は構築が難しい
  • 売れるサイトにするためには相当量の勉強が必要
  • 経営者にとって一番大切な<時間>を消費してしまう

フリーランスのデザイナーに依頼するメリット

  • 費用は比較的安価 (3~20万円ほど)
  • 良いデザイナーに巡り合うことができれば、高品質のホームページを持つことができる
  • 自作のホームページに比べて、時間と労力を大幅に節約できる

フリーランスのデザイナーに依頼するデメリット

  • 人気のあるデザイナーだと費用が高額になることがある
  • WebマーケティングやSEOなどの集客戦略はしてもらえないことが多い
  • その場限りになることが多く、不具合やアフターフォローが心配

制作会社に依頼するメリット

  • ホームページ制作の知識が全くない・必要ない方もホームページを持つことができる
  • プロが作るので、お客様から見たときの信頼感が強くなる
  • ネットショップや会員登録機能など、自作では難しい機能も作ることができる
  • SEOなどのWebマーケティング戦略のもと、効果のあるホームページを作ることができる
  • 時間と労力が節約できるので、経営者としての仕事に専念できる

制作会社に依頼するデメリット

  • 費用が高い(20~100万円ほど 業者により異なる)
  • ホームページ制作の知識が身に付かない
  • Webマーケティング知識のあるホームページ制作会社は意外と少ない

ホームページを誰が作るかのまとめ

時間とお金、どちらに投資できるかが最大のポイントとなります。

経営者としての時間(商品開発やサービス向上など)を最優先にされている方は、ホームページを制作会社に依頼することで、より生産性の高い時間の使い方をすることができます。

起業したてで資金に限りがある方は、自分でホームページを立ち上げることで初期コストを抑えることができます。軌道に乗ってきたら制作会社にリニューアルを依頼するのも良いですね。

5.ホームページのコンテンツを決める

誰がホームページを作るのかを決めたら、いよいよ本題のコンテンツ設計です。

ホームページのコンテンツとは?

ホームページのコンテンツとは、ホームページの中に掲載するテキストや画像、情報の総称です。

ホームページにどんなページを作るか、そのページにはどんな内容を掲載するかを考えるのがコンテンツ設計です。

ここでは、ホームページに訪問したお客様があなたのサービス・商品をどうしても買いたくなるために必要な4つのコンテンツをお伝えします。

1.<信念・コンセプト>で唯一無二の存在に

インターネット常に選択肢が無数に存在するなかで、あなたの商品・サービスを選んでもらうためには、他の人には絶対に真似ができないあなただけの強みをアピールする必要があります。

あなただけの強みをアピールするのに最も適しているコンテンツが信念・コンセプトを伝えるページなのです。

信念とコンセプト
【信念】どんな世の中を目指してその事業を始めたのか

【コンセプト】どんな思いを込めて作っているのか

「お店の立地がどこよりも良い」「商品・メニューの価格がどこよりも安い」などのナンバーワンを目指した強みは、競争に巻き込まれやすく、あなただけの強みにはなりにくいです。

反対に、信念やコンセプトなどのオンリーワンを目指した強みは、他の人には真似できない、あなただけの強みになります。

競争に巻き込まれないあなただけの強みは、あなたの強い思い・信念から生まれるのです。

2.分かりやすさに徹底した<メニュー&料金一覧>

ホームページに訪問するお客様の中には、「すでに商品・サービスの購入を決めていて、どこで買おうか迷っている」という段階の方もいます。

購入を決めていて、どこで買おうか迷っている段階の方が真っ先に見るのが、<メニュー&料金一覧>です。

デパートのラグジュアリーブランドは、あえて値札を表に出していないところが多いですよね。

しかしそれは、お客様が商品を直接目で見て確かめることができて、なおかつ上質な接客も含まれている実店舗営業の場合にのみ通用する手法です。

オンライン上で集客をするホームページの場合は、メニュー&料金の分かりやすさが必須事項となります。

3.あなたの商品をより魅力的に見せる<よくある質問>

<よくある質問>のページは、お客様からのよくある質問に答えるだけのページだと思っていませんか?

答えはノーです。よくある質問は、商品・サービスのPRのためにあるのです。

お客様が購入をやめる理由を想像して、先回りして<よくある質問>に書いてしまいましょう。お客様の不安を一つずつ消してあげるイメージで、質問に答えていきます。

そうすることでお客様の不安要素は、購入の決め手へと大変身するのです。

例:京都のレンタル着物 椿屋 の場合

【質問】どの着物も豪華なのに、どうしてこんなに価格が安いんですか?

【回答】弊社は主にホームページや口コミ等のローコストな方法で広告を行い、チラシやカタログなどの広告費を最小限に抑えています。そのため、最高品質の着物を、ご利用いただきやすい価格でレンタルしております。

4.女性が圧倒的に重視する<お客様の声>

女性が最終的に商品の購入を決定づけるもの、それは口コミです。

女性の脳は共感する能力に長けているため、口コミが購入の決定に大きく影響します。こうした特性を利用してお客様の購買意欲を最大限に高めるのが<お客様の声>のページです。

すでに商品・サービスの販売を開始している方もこれからの方も、まずはお客様の声に掲載するためのアンケートを用意し、商品やサービスを使用したお客様にご協力をお願いしましょう。

可能であればインタビュー形式で深く聞き込んだお客様の声も用意してください。ホームページの集客効果がますます高まります。

弊所レデュクスデザインも、このお客様の声インタビューを実施しています。

弊所のお客様の声インタビュー例:Salon new me様の制作事例

6.お客様の心に響くテキストを作る

作成するコンテンツが決定したら、お客様の心に響くテキストを作りましょう。

お客様の心に響くテキストを作るために最も重要なこと、それは主語を<You=あなた>にすることです。

<商品・サービスの良さ>を語っても読まれない

商品・サービスの良さを延々と説明しても、残念ながら最初から買うつもりで来ているお客様にしか読まれません。

インターネット検索で訪れる方の大半は、まだ興味を持っているだけの段階です。そういった方々には商品・サービスを使用することでお客様にどんな素敵な未来が待っているのかを伝える方が、はるかに刺ささるのです。

主語は<I>ではなく<You>で考える

お客様の心に響くテキストを書くコツは、主語にあります。

主語を<I=自社の製品・サービス>から<You=あなた・お客様>に変えるだけで、お客様の心にグッと刺さる文章に大変身するのです。

ここでは京都のレンタル着物 椿屋を例に、お客様の心に響くテキストを作ってみましょう。

× 主語が<I>になっているテキスト
椿屋は、最高品質の正絹着物を多数ご用意しております。

椿屋の安心着付けプランは、翌日返却です。

◯ 主語が<You>になっているテキスト
椿屋の正絹着物を纏えば、(あなたは)他では味わうことのできない「本物」の着心地に触れることができます。

翌日返却の安心着付けプランなら、(あなたは)時間を気にせず古都京都の街をゆっくり散策できます。

7.アクセスを集める手段を選ぶ

最後に、ホームページにアクセスを集める手段を決定しましょう。

ホームページにアクセスを集める方法は、大きく分けて検索エンジンからの流入・SNSからの流入・インターネット広告からの流入の3つがあります。

それぞれの特徴とメリット・デメリットを見ていきましょう。

検索エンジンからの流入

検索エンジンから流入は、GoogleやYahoo!などの検索エンジンから訪れるアクセスを指します。

メリット
◯ 一度検索エンジンの上位に載ると、安定した自動集客が期待できる

◯ 広告費がかからない

デメリット
× 検索エンジンの上位に載るまでに3ヶ月~半年ほどの時間がかかる

× 軌道にのるまではSNSなど別の方法と併用する必要がある

検索エンジンからの流入を得るためには、ホームページのSEO対策をした上で、お客様にとって価値のある情報を用意する必要があります。

SEO対策に関する詳しい説明は、下記の記事をご覧ください。
>>Web集客の基本「SEO対策」とは?徹底解説します!

検索の順位を上げるのには最低でも3ヶ月~半年の時間がかかるため、ホームページを開設して間もない頃はなかなかアクセスが集まらず、記事更新のモチベーションを維持するのが難しくなりがちです。

そこで、次にご紹介するSNSからの流入との併用をおすすめします。

SNSからの流入

SNSからの流入は、アメブロやFacebook、Twitter、Instagram等のソーシャルメディアから訪れるアクセスを指します。

メリット
◯ 広告費がかからない

◯ すぐにアクセス増加が期待できる

デメリット
× 記事や投稿が時系列に並ぶので流れやすく、自動的な集客は難しい

× 運営して行くうちにフォロワーを増やすことが目的になってしまい、集客ができないことがある

SNSはすでに人が集まっている場所に情報を流すため、更新してすぐにアクセスを集めることができるのが特徴です。

しかし、SNSの投稿は時系列で並ぶため、時間が経つと古い投稿は流れて行きます。アカウントが凍結される可能性や投稿が削除されるリスクもあります。

そのため、お客様の役に立つ記事を記事を書いた場合は、SNSではなく自社のホームページ(WordPressを使用したものが最適)に投稿しましょう。その後、ホームページの記事更新を知らせるための簡単な誘導文記事へのリンクをSNSに投稿すれば、完璧です。

SNSは更新後すぐにアクセスを集めることができるため、「誰かが見てくれている!」という気持ちになり、更新のモチベーション維持にも繋がります。

インターネット広告からの流入

インターネット広告は、インターネット上に搭載する広告をクリックによって訪れるアクセスを指します。

メリット
◯ すぐにアクセスの増加が期待できる

◯ 費用をかければ購買意欲の高いお客様に効率的にアプローチができる

デメリット
× 掲載している間はずっと広告費がかかり続ける

× 直帰率(クリックだけして帰って行く人の割合)が高くなりやすい

インターネット広告は、大抵の場合クリックした瞬間に広告費が発生します。そのため、インターネット広告からの流入をメインに運営する予定の方は、必ずホームページの中で欲しくなる仕組みを作っておいてください。

買われないのにアクセスだけが増え続けてしまうと、膨大な広告費が無駄になり、ホームページを運営していくのが難しくなります。

まとめ

初めてのホームページで集客に成功するために、絶対にしておいた方がよい準備項目は以下の7つです。(項目名をクリックすると該当エリアまで移動します!)

  1. 目標を設定する
  2. ペルソナを決める
  3. 競合をチェックする
  4. 誰が作るかを決める
  5. ホームページのコンテンツを決める
  6. お客様の心に響くテキストを作る
  7. アクセスを集める手段を選ぶ

先ずは一番簡単な目標設定から初めてみましょう!

このページに書いてある準備項目を一つずつ進めていけば、7つ全て終わる頃には圧倒的に集客力のあるホームページの基盤ができあがっています。

まだ見ぬお客様との出会いの瞬間は、もうすぐそこまで来ていますよ!